彩票平台源码|伯乐彩票平台信誉怎样

日中友好協會大學生代表団が訪中 発展の脈動感じる交流の旅

2019-04-16 16:25:33

陳蘊青=文

 

 2019年日中友好協會大學生代表団一行の100人余りが3月2127日、中國を訪問し、「科學技術イノベーション」をテーマとする交流を行った。北京、深圳、広州の3都市で、日本の大學生は中國の名勝舊跡や伝統文化を楽しむとともに、「IT起業の揺り籠」とされる中関村創業ストリートと通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)を見學した。

 

北京の中関村創業ストリートの展示ホールで、顔認証技術を用いた「顔面偏差値分析裝置」で顔面偏差値を測る日本の學生(寫真提供?日中友好協會大學生代表団)

約400人の中から選抜

日中友好協會と中日友好協會共同主催の同イベント14年秋に始動して以來、今回が通算12回目の開催。訪中団団長を務めた日中友好協會の永田哲二常務理事によると、今回は日本全國から398人の大學生が応募し、応募者數が過去最多を記録した。今回の交流団に選ばれるためには、日中友好協會が提示したテーマに沿って作文を提出する必要があった。その內容は、大學で學ぶことの意義、中日関係、そして課外実踐活動などに関することだった。厳正な審査を経て、最終的に59校の大學から100人の優秀な學生が選ばれた。

永田常務理事は、今回の作文審査で、年長者の印象やマスコミの報道に左右されたくない、中國を自分の目で確かめたいという日本の大學生の意欲が見られたことに喜びを感じると語った。ある學生は、情報を簡単に収集できる時代とはいえ、相手と直接交流したり、異なる文化環境を経験したりすることも非常に重要だという意見を示した。また、中國人の友達をつくりたい、もし若者全員に1人でも中國人の友達ができれば、中日友好は必ず実現できると書いた學生もいた。 

高度成長を実感

22日の歓迎レセプションで、日本大使館の四方敬之公使はあいさつし、「中國は急速に発展し変化している。數年前に中國を訪れた人でも、現在の中國については分からないかもしれない」と述べた。今回の旅で、訪中団の日本人大學生はこの高度成長の一端を感じ取っただろう。

見學のハイライトは、広東省深圳市のファーウェイ本社だった。日本の大學生は數多くのハイテク製品を見て、さまざまな感想を持ったようだ。

 

ファーウェイのスタッフによる解説に日本の學生たちは真剣に聞き入った(寫真提供?日中友好協會大學生代表団)

広島大學2年生の川原俊一さんは、「ファーウェイはスマートフォンメーカーとしての側面しか知らなかった。しかし、ICT(情報通信技術)企業として中國のあらゆる生活の土臺に浸透している。例えばスマートシティー、金融、エネルギー輸送など。私の専攻はファイナンスだが、金融とITを絡めた學習はできていなかった。今回の経験をきっかけにICTの見地から金融を學んでいきたい」と今後の抱負を語った。

また、京都大學3年生の上野智貴さんは、ファーウェイのイノベーション精神を賞賛し、「ファーウェイの展示や説明の中には、一貫してイノベーション不足への危機意識があった。同社では売上の10%以上もの費用が研究開発費に當てられるという。これは、イノベーションを維持しなければ衰退するという危機意識が根付いているからだ。この企業文化が根底にあるため、ファーウェイは成長を続けているのでしょう」と語った。

一方、北京?上海の中國人大學生と交流した際には、中國の発達したキャッシュレス決済が熱い議論の的になった。

 

國際関係學院の學生と日本の學生との歓談の様子(寫真?陳蘊青/人民中國)

筑波大學3年生の中島拓幹さんは次のように議論の內容を紹介した。「中國に來る前、ウィーチャットのようなモバイル決済手段は日本のクレジットカードに似たものだと思っていたが、中國の學生と交流してから、日常生活のさまざまな場面で応用できることに気付いた。中國の學生は普段は財布を持たずに出掛けると言っており、それには大変驚いた。また、両國のキャッシュレス決済発展の現狀が異なる原因についても議論した。結論としては、両國國民の貨幣に対する信頼度の差に関係がある。日本でも以前からキャッシュレス決済の方法が數多く出されているが、いずれも社會的信頼性や安全面への配慮のため普及していない」 

百聞は一見にしかず

今回の中國訪問を通して、中國に対する日本の大學生たちの印象は変わったようだ。

広島大學2年生の詫間詩織さんは、次のように感想を話した。「中國に來る前は、中國の空気はとても汚くて、中國人も日本人が嫌いだと思っていた。しかし、今回の旅では、空気も澄んでいるし、街もきれいだし、私たちに対する中國の人々の態度も親切で友好的だと感じた。これによって私の中國への印象がガラッと変わった。同行した仲間たちも共感してくれるはずだ。さらに多くの人が中國に來て、現地の環境や人情を自ら感じれば、きっとこれまでの印象を変えられるだろう。多くの中國人が日本旅行の後、日本への印象を新たにしたということと同じだ。相手の國を自分の目で確かめて、深く理解する重要性を再認識した」

筑波大學2年生の生田陽菜さんは、「交流を通じて、中國の若者の日本に対する印象が良いと知り、自分の持つ印象とリアルな中國の情況が異なることを學んだ。ある中國人の學生は、『日本に対して悪い印象を持っている人は、日本のことを知らないだけ。もっとお互い交流する必要がある』と話していた。今回の交流を通じて、その逆もあり得ると感じた。中國に対して悪い印象を持っている日本人は、中國への理解が足りないだけではないだろうか。中國の街を実際に歩いて、自分の文化を押し付けることの愚かさや、多様な文化を尊重する姿勢の大切さをふと感じた」と交流から得た成果を語った。

旅の最後に、日本の大學生たちは滯在時間の短さを惜しむ聲を上げると同時に、さらに中國について知りたい、自分自身で感じた中國の印象をより多くの人に伝えていきたいという気持ちを次々と口にしていた。

 

関連文章
日中辭典:

彩票平台源码