彩票平台源码|伯乐彩票平台信誉怎样

北京で第6回Panda杯全日本青年作文コンクール授賞式開催

2019-08-06 08:43:34

 

 

駐日本中國大使館、中國外文局傘下の人民中國雑誌社、日本科學協會が共催する第6Panda杯全日本青年作文コンクールの授賞式が85日に北京市內の中國外文局で行われた。外文局の杜占元局長が受賞者を表彰し、高岸明副局長が授賞式を取り仕切った。授賞式には、受賞者訪中団団長で日本科學協會評議員の梅干野晁氏や受賞者の日本の若者ら26人が出席した。

 

あいさつする杜占元?外文局局長

杜局長はあいさつで次のように指摘した。新時代というスタート地點に立ち、両國の若者が擔う未來への責任は重く、そして栄譽がある。先日、習近平國家主席がPanda杯受賞者の中島大地さんへの返信で述べたように、「両國の友好の土臺は民間にあり、両國人民の友好の未來は青年世代に託されている」。習主席の返信は、Panda杯の參加者、主催者、支持者一人一人を大いに鼓舞するものであり、より多くの中日の若者が中日友好事業に積極的に參加することを促すだろう。

 

授賞式を取り仕切る高岸明副局長

梅干野氏はあいさつで、雙方が今後も交流の形を刷新し続けることで、中日の若者のより良い交流をさらに推進することができる、と述べた。

 

あいさつする梅干野晁氏

受賞學生代表の大谷琢磨さんは次のように語った。Panda杯という機會を通じて、広大で活気に溢れた中國を自分の目で見て、親切な人々とたくさん巡り會えたことで、中國との距離が大いに縮まった。

 

受賞學生代表の大谷琢磨さん

受賞學生代表の南部健人さんは、中國に5年間住んだことがあり、自身と中國の友人との思い出を語った。南部さんは、政治的要素を捨て、心を込めて相手に接することが日中の民間交流の意味だと考えており、今後は中國から受けた恩を返すためにできる限りのことがしたいと話した。

 

受賞學生代表の南部健人さん

Panda杯全日本青年作文コンクールは2014年に創設され、これまで2500人以上が參加し、100人以上の日本の若者を中國に招待した。今回の受賞者訪中団は、828日まで北京と西安を訪問し、現代中國の発展に觸れ、中國の若者と成長のエピソードを分かち合う。

 

人民中國インターネット版 201986

関連文章
彩票平台源码 今日3d近30期试机号列表 扎金花三个人开牌规则 我要31选七走势图 球探网乒乓球球直播 麻将牛牛技巧 乐透彩开奖结果今天 新时时彩购买 见证奇迹一肖中特的地方 广东福利彩票36选7今天开奖结果 皇家赛车开奖现场