彩票平台源码|伯乐彩票平台信誉怎样

「中國とアフリカは兄弟」 北京サミットで習主席強調

2018-10-31 19:03:13

 江原規由=文

 8月末、北京空港から市內へ至る道路脇の街路燈のポールに、「共敘友誼、共商合作」「共促発展、共創繁栄」(注1)、「2018中非合作論壇北京峰會(2018年中國アフリカ協力フォーラム北京サミット)」と記された3種類の小旗が夏風にはためいていました。さらに、天安門広場など北京市內の各所に巨大な花壇などが設置されていて、その景観たるや実に壯観でした。9月3、4日に北京で開催された「中ア北京サミット」を祝う中國ならではの歓迎ぶりを目の當たりにし、中國の北京サミットへの期待の大きさが伝わってくる思いがしたものです。

 期待の大きさでは、アフリカ側においても同じでしょう。アフリカにとって、中國は09年に米國を追い抜いて以來、9年続けて最大の貿易相手國であり、中國にとって、アフリカは第3の海外投資市場、第2の海外建設請負市場となっています。このうち、例えば、中國の対アフリカ各種投資殘高は1000億?余り(注2)に達し、3500社超の中國企業がアフリカで投資?経営活動に従事しているとされています。現在、中國はアフリカ各地に約25の「経済協力區」(入居企業400社、累計投資額60?、エネルギー?鉱山、軽工業?建材、紡織製造、家電関連など)を建設済みで、今後の対アフリカ投資の拡大が期待されています。ちなみに、昨年の中國?アフリカ貿易は、前年比14%増(1700億?)で、このうち、対アフリカ輸入が33%増と急増しています。

 注目すべきは、ルワンダのカガメ大統領の「『一帯一路(シルクロード経済ベルトと21世紀海上シルクロード)』はルワンダにとってもアフリカにとっても重要なチャンスだ」との発言に代表されるように、アフリカ諸國が「一帯一路」建設への參加を21世紀におけるアフリカ発展の重要なチャンスと見ている點でしょう。

習主席は就任以來4回訪問

 習近平國家主席は、北京サミットに先立つ7月19日から29日、アラブ首長國連邦(UAE)、セネガル、ルワンダ、南アフリカを公式訪問し、南アフリカのヨハネスブルグでは第10回新興5カ國(BRICS)首脳會議に出席し、モーリシャスも友好訪問しています。習主席のアフリカ訪問は、5年間で4回目となりアフリカ重視の姿勢が見て取れます。

 その訪問の成果を「一帯一路」との関連で見ると、南アフリカとは、「一帯一路」および中國アフリカ協力フォーラムの枠組みでの協力強化(発展戦略の連攜、ニューエコノミー分野や新興産業での交流?協力深化など)、また、セネガル、ルワンダとは、「一帯一路」共同建設覚書に調印、モーリシャスとは、9月2日に自由貿易協定(FTA)交渉が終了し、中國とアフリカ諸國の間で初のFTA締結が見込まれるなど、「一帯一路」の推進に向けた2國間協力および中ア協力に新たなプラットフォームが形成されつつあると認められるでしょう。「一帯一路」以外では、アリババ(阿里巴巴集団)が「馬雲アフリカ青年起業基金」を使って、今後10年にわたり、アフリカの青年起業家100人をサポートし、アフリカの小企業の発展、基層イノベーション、女性の起業に重點を置いたプログラムを始動させるなど、中ア協力は「一帯一路」事業や3年來の「10大協力計畫」の推進のほか、人材育成、農業振興?民生向上?インフラ整備?資源開発?金融関連基金(例えば、中ア発展基金、中ア産業協力基金)による貧困軽減?産業発展協力の推進など、官民雙方からその裾野を広めつつあるのが実情です。

長い間に培われた信頼関係

 中國とアフリカ諸國の関係を振り返ると、中國、インド、インドネシア、エジプトが主導した1955年のアジア?アフリカ會議(AA會議、バンドン會議)を経て、71年、中國の國連代表権(常任理事國)を承認するかの投票で、賛成票76票のうち3分の1に當たる26票がアフリカ諸國から投じられているなど、雙方の友誼、信頼関係には歴史的重みがあるといえるでしょう。今日、そのことを雄弁に物語っているのは、習主席が「中國は何よりも伙伴関係(パートナーシップ)の構築を國家間交流の指導原則と定める」とした伙伴関係が多いという事実を指摘できます。習主席は「現在90余りの國?地域(注3)と伙伴関係を構築している」と、述べましたが、そのうち60余りの國?地域がアフリカ諸國との伙伴関係です。伙伴関係は協定や條約ではなく元首の信頼関係に基づく共同聲明によって構築される點で、その時々の國際情勢に対するコンセンサスの形成、経済?社會面での交流?協力が臨機応変にできる融通性があります。今後のアフリカでの「一帯一路」の推進や來るべき中國とアフリカ諸國との経済連攜(新タイプのFTA締結など)で、伙伴関係の果たす役割、その意義は極めて大きいといえるでしょう。習主席は、北京サミットでの「手を攜えて運命を共に 心を一つに発展を促進しよう」と題する基調講演で、「中ア友好協力の前途は洋々としている。中ア全面戦略伙伴関係は、先行き大いに希望が持てる」と、言っています。

鍵を握るのは「一帯一路」

 さて、「中國?アフリカの大家族が再び一堂に會する」とされた9月の「中ア北京サミット」は、これまで2回(06年の北京、15年のヨハネスブルグ)開催されました。3回目のハイライトは、習主席の基調講演にあったといえます。その冒頭、習主席は「兄弟であるアフリカ人民に中國人民の心からのごあいさつを申し上げる」と発言しましたが、この「兄弟である」に基調講演の趣旨が凝縮されていたのではないでしょうか。世界最大の途上國の13億人の中國人民と途上國が最も集中している12億人余りのアフリカ人民が、兄弟として手を攜えて中ア運命共同體を構築することは、世界文明の進歩、世界経済の発展に大きな福音となると期待できます。國家主席就任以來、アフリカを4回訪問した習主席だからこそいえる、アフリカそして世界に対する格調高いメッセージだったといえるでしょう。

 その中ア運命共同體構築の鍵を握るのは、何より、「一帯一路」であり、「10大協力計畫」、そして、「8大行動」の行方にかかっていることが、習主席の基調講演から読み取れます。具體的には、例えば、アフリカ連合の「アジェンダ2063年」およびアフリカ諸國の発展戦略との連攜、600億?の資金支援、今後3年間に100億?を下回らない中國企業によるアフリカ投資の実現、中ア農業現代化協力行動計畫の策定、アフリカ大陸FTA構築への支持、そして、未來を擔う人材育成?訓練(2000人のアフリカ人青年の招聘?交流など)、貧困脫卻協力、さらには、竹藤産業の開発援助などで対応できるでしょう。これほど多様な協力姿勢を示し、その実現に向けた計畫を打ち出せる國は、中國をおいて他にはないといっても過言ではないでしょう。

 今年は、中國および世界経済の発展に大きく貢獻してきた改革開放40周年です。その発展の経験をアフリカの地で開花させようとしている中國の姿勢が、習主席の基調講演の行間にあふれ出ていたといえるのではないでしょうか。

1 「友誼と協力によって共に発展し繁栄しよう」。テーマ「協力?ウインウイン、手を攜えてさらに緊密な中ア運命共同體を構築しよう」を具體的に表現したフレーズ

2 モンバサ?ナイロビ鉄道、アディスアベバ?ジブチ鉄道、アブジャ都市鉄道、ハイセンス(海信)南アフリカ工業団地、エチオピア?アワッサ工業団地などアフリカのインフラ、工業団地、経済特區、産業生産能力事業多數が竣工?運用を開始。

注3 東南アジア諸國連合(ASEAN)などの加盟國をすべてカウントすれば、伙伴関係構築國?地域は150カ國?地域を下らない。

関連文章

彩票平台源码 快乐飞艇官方网址 福彩20选5中奖奖金 七乐彩星期一走势图 五分赛车是官方开奖吗 时时彩翻倍追重号 辽宁十二选五最新走势图 快乐飞艇 拾柴排列五苹果系统 福建11选5哪里看开奖直播 快乐扑克