彩票平台源码|伯乐彩票平台信誉怎样

サクラサク(櫻花盛開)

2019-03-26 16:25:44

/福井ゆり子 翻訳/編集=銭海澎

1月、2月は中國人にとって春節休みがある楽しい時期だろう。でも、多くの日本人にとって、この一番寒い季節は受験シーズンとなる。

1月和2月對中國人來說,是擁有春節假期的快樂時光。然而,對許多日本人而言,這個最寒冷的季節正是考試季。

4月が新學期の日本の學校は、1~2月に入試を行うのが一般的で、義務教育の小?中學校までは受験をしないでも済むが、高校受験、大學受験は必ず立ちはだかる難関となる。中高一貫、あるいは大學までのエスカレーター式注1私學は、受験の回數が少なくて済むというメリットもあってとても人気があり、有名私學にわが子を入學させるために小學校受験をさせる「教育ママ注2」も多い。

日本的學校每年從4月開始新學期,通常會在12月期間舉行入學考試,在實施義務教育的中小學階段是無需參加入學考試的,而中考和高考則是必須要闖過的難關。在初高中一貫制或者可以一路直升到大學的私立學校,因為有升學考試次數少這一優勢,非常具有人氣,有很多“教育媽媽”為了讓孩子進入著名的私立學校,便讓孩子參加私立小學的入學考試。

寒さが一番厳しく、インフルエンザも流行するこの季節に受験があるというのは、子どもにも親にも大きなプレッシャーとなるが、寒さと同じようにこれを乗り切れば、暖かい春、楽しい春がやって來る。試験に受かって無事春(=入學シーズン、桜の季節)を迎えることができるという意味から、試験の合格を知らせる電報には、「サクラサク注3(桜咲く)」という言葉が使われる。失敗したときは當然、「サクラチル(桜散る)」だ。桜好きの日本人らしい表現とも言える。

在最為寒冷,且流感肆虐的這個季節參加考試,無論對孩子而言還是家長而言,都會感受到巨大壓力。不過,考試和嚴寒一樣,只要能夠順利通過,接下來就是人生的溫暖之春、歡樂之春。由于通過考試,就能迎來“太平之春(=入學季、櫻花季)”,所以通知考試合格的電報中會使用“櫻花盛開”這樣的詞匯。而如果考試失敗,自然就會寫“櫻花凋落”。可以說這是非常符合喜愛櫻花的日本人性格的詞匯。

殘念にも「サクラチル」となると、大學受験のための予備校などでまた一年間勉強にいそしむこととなる。こうした學生を「浪人生(ろうにんせい)」と呼び、浪人一年目は「一浪」、二年目になると「二浪」といい、どうしても志望大學に入りたくて「三浪」する人もいる。浪人とは、もともとは江戸時代の支配階級であった武士の中で、仕える主家を失い、放浪を余儀なくされた人のことを指し、「所屬する場所がない」という意味で、現代の浪人生と同じ狀態にある。日本人にとって「所屬する場所がない」ということは、居場所がない、心もとない狀態であり、所屬する場所を得て初めて安心するという心理は、今も昔も変わらない。

如果很遺憾地收到“櫻花凋落”的通知,就要進入備戰高考的預備學校重新苦讀一年。這樣的學生叫“浪人生”,成為浪人的第一年,被稱作“一浪”,第二年就是“二浪”,也有很多人因為無論如何要考上理想的大學而成為“三浪”。浪人,原本指江戶時代身為統治階層的武士中,失去了效命的主家,不得已而到處流浪的人。從“沒有歸屬”這個意義上來說,和現在的“浪人生”境遇差不多。對日本人而言,“沒有歸屬”,就是失去了庇護,會感到不安,有了歸屬才能安心,這種想法延續至今都未曾改變。

浪人となっても、二度目のチャンスをうまく摑むことができれば、一度目の失敗を挽回できる。受験は多くの子どもにとって人生で初めて経験する試練であり、失敗しても挽回できることを學べる場でもあるのだ。

即便成為“浪人”,如果能夠有效抓住第二次機會,還是可以挽回第一次的失敗的。考試對許多孩子來說,既是他們經歷的第一次人生考驗,也讓他們學到了失敗能夠挽回的道理。

注釋

注1:自動的に上級の學校に進學できる學校のことを「エスカレーター式」という。幼稚園から大學まである慶応などが有名。

能夠自動升學的學校被稱作是“直梯式(直升)”學校。比較著名的有慶應義塾,包括從幼兒園到大學的各個學部。

注2:子どもの教育に熱心で、お金をかけて受験のための塾に通わせたりする母親のことを指す

指關注孩子教育,為了入學考試,不惜花錢讓孩子上私塾補習的母親。

注3:內國電報には長らくカタカナと一部符號だけが認められていたため、電報文というとカタカナ表記であるのが一般的

由于日本國內的電報長期以來只允許使用片假名和部分符號,所以電文通常都是用片假名來表記的。

 

関連文章
日中辭典:

彩票平台源码